Be Happy!

イギリス在住者が綴る、恋愛、国際結婚、イギリス文化、英語学習、海外ドラマ、映画など。

こんなに違う! 日本とイギリスのバレンタインデー

2月14日はバレンタインデー!
バレンタインデーを来週に控えて、
イギリスもバレンタインデーで盛り上がっています。

日本のバレンタインデーは、
女性が好きな男性にチョコレートを贈る、
好きな男子に告白できる、という習慣になってますが、
イギリスのバレンタインデーは、どんな感じなのでしょうか。
今回はイギリスのバレンタインデーについて、ご紹介しましょう。


f:id:be-happy-uk:20190209042029j:plain

 

 



イギリスのバレンタインデーは?


英語では、Valentine's Day といいますが、
イギリスのバレンタインデーは、日本とはちょっと様子が違います。
イギリスでは女性が思いを告白するというよりも、
恋人たちが愛を伝え合うというよう感じで、
女性→男性だけではなく、男性→女性からもプレゼントを贈ります。
片思い、恋人、夫婦に関わらず、
お互いに愛を伝え合って、ロマンチックに過ごすのです。
そう、どちらかといえば、
日本のクリスマスイヴの雰囲気に近い感じでしょうか。



イギリスのバレンタインデーに贈りたいもの

 

バレンタインデー・カード


誕生日、クリスマスをはじめ、どんなイヴェントでも、

必ずカードを贈りあうのがイギリス人。
バレンタインデーでも、カードはマスト!
かつては、片思いの人が自分の名前は名乗らず、
愛のメッセージだけ書いて、相手に贈るのが伝統だったようですが、
現在では片思いの人のみならず、
恋人や夫婦でもカードを贈りあいます。
イギリス人がパートナーの人は、
バレンタインデーに必ずカードを贈りましょうね。

やっぱりチョコレート

f:id:be-happy-uk:20190209040307j:plain


イギリス人はチョコレートが大好きで、
誕生日やクリスマスのちょっとしたプレゼントとして、
チョコレートを選ぶ人も多いのです。
普段食べるのは、キットカットなどのチョコレートバーですが、
こういう特別な機会のときは、
ちょっと奮発して箱入りのチョコレートで。
どんなプレゼントにしたらいいかわからない!
と悩んだときにも、箱入りチョコレートなら無難です。


バラの花束

f:id:be-happy-uk:20190209041405j:plain


男性から女性に贈るプレゼントの代表が花束ですが、
バレンタインデーには、特に赤いバラが人気。
2月14日には花屋はもちろん、スーパーや街角など、
いろんなところで赤いバラが売られます。
そして、2月14日の夕方には仕事帰りに、
赤いバラの花束を抱えた男性の姿が、
あちらこちらで見られます。
ときどき、プレゼントを買い忘れた男性が、
大慌てでスーパーの5ポンドくらいの花束を買っていく光景もみられます。
愛は値段では計れませんが、
プレゼントが5ポンドの花束だけだったら、
私ならちょっと悲しいかも……。



香水・フレグランス


カップルで贈りあうプレゼントとしては、香水も人気です。
イギリス人は男性でも女性でも、
普段使いで香水を使う人が多いので、
香水はとても喜ばれますよ。
2月14日の前には、デパートの香水売り場で、
バレンタインデーを対象にしたギフトボックスも販売されます。
相手の好みをいろいろ考えながら、
喜んでくれそうな香水を選ぶのも、
恋する女子ならではの楽しみですね。



ディナーデート


バレンタインデーには、ちょっとおしゃれして、
素敵なレストランで食事を楽しむのも、
イギリス人のバレンタインデーのよくあるパターン。
レストランでもバレンタインデー用の特別メニューを用意していたり、
テーブルにキャンドルを灯してくれたりして、
ロマンティックなモードで盛り上げてくれます。
人気レストランは、2月14日はどこも大忙しになるので、
狙っているお店があったら、早めに予約をしましょう!



いかがでしたでしょうか。
イギリスのバレンタインデーでは、
若者だけでなく、結婚した熟年カップルも老年カップルも、
プレゼントやカードを贈りあい、2人で仲良く過ごします。
至るところで愛が溢れていて、とても素敵な1日です。

 

www.be-happy-blog.com

 

 

www.be-happy-blog.com