Be Happy!

イギリス在住者が綴る、恋愛、国際結婚、イギリス文化、英語学習、海外ドラマ、映画など。

幸せって何だろう。

あけましておめでとうございます。
クリスマス・ホリデー、そして年末年始に突入し、
ほとんど仕事もブログもせず、だらだらと過ごし、
頭が溶けそうなくらいだらけてしまいました。
年末年始は仕事がお休みになるから、ブログに時間が取れる! 
などと当初は思ってましたが、まったく真逆な結果に……。
とりあえず、これからものんびりと地道にコツコツとがんばります。
いつも読んでいただいているみなさま、ありがとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

さて、今日は「幸せとは何だろう?」という話です。
それというのも、今日は朝から知り合い女性が離婚した、
というニュースを聞いてビックリしたから。
彼女はばりばり仕事をこなし、私生活も充実、
豊かな生活をしており、私の憧れの女性のひとりだったのです。
いえ、離婚が悪いといっているのではありません。
私もバツイチで、離婚経験者なので、
離婚して自分が幸せになるのであれば、
それはポジティヴなチョイスだと思っています。
改めて、夫婦のことは夫婦でしからわからないなーと。
でもこの一件は、「幸せとは何だろう?」
と改めて自分に問いかけるきっかけになりました。

例えば、今の私にとって一番の幸せといえば、
パートナーや家族や友達と一緒に過ごす時間。
そして、映画やドラマ、シアター、ダンス、ライヴなどで、
自分の五感が高められたり、感極まって感動したりして、
至福を感じる時間。

クリスマスと年末年始は、ほぼ家族サービスをしていて、
パートナーの家族とクリスマス・ディナーを楽しんだり、
日本の家族とスカイプでおしゃべりしたり、
大晦日の夜をカレと一緒にイタリアン・レストランで過ごしたり、
カレと子連れで映画『アクアマン』を見に行ったり、
反抗期の息子と一緒に家でDVDを見たり。

歳を取るにつれ、涙もろくなるといいますが、
映画やドラマのほんのしょーもないシーンで、
泣けてしまうのは困るのですが、
だけどそれすらも、自分の感情の高みを味わえる至福の瞬間。
こんな些細なことですら、ささやかな幸せを感じてしまう。
幸せの青い鳥は、身近にあるといいますけど、
本当にそうだと思うのです。

もちろん、お金はないよりあったほうがいい。
仕事で失敗するより、成功するほうがいい。
誰にも知られないより、みんなに一目置かれるほうがいい。
ブログのアクセス数は少ないよりも多いほうがいい。
でも、でもね。
本当は、そんなものは、あってもなくても関係なくて。
自分の一番大切なものが、この手のなかにあれば、
それで満足、それで幸せ。
もちろん、幸せの形にはいろいろあって千差万別。
私にとっての幸せは、他の誰かの幸せとは違う。
そんなことを思った、クリスマスと年末年始なのでした。

というわけで、今後も、究極の幸せとは何か?を追求していきたいと思います。


f:id:be-happy-uk:20190104082714j:plain